International

Recherche

Recherche - Search - Suche

Mots-clés :

Ecoutez

Découvrez tous les extraits et pistes audio disponibles sur le site

Association

Rencontres Musicales au fil de l'Eau - ReMuE

日本

イヴァン・ベロック♪作曲家♪フルート奏者

マックス・ドイッチュに分析を、オリヴィエ・グレフに作曲を学ぶ前は独学者だったイヴァン・ベロックは、1982年にラジオ・フランスの第24回国際作曲コンテストで受賞しました。彼は他の国際的なコンテストでも、フルート奏者または作曲家として、特に1988年にはベルリンのコンテストで入選しています。

出世作となった1991年パリ初公開の「ルネ・シャールによる二つの詩」は、ベルナール・デスグロプ指揮の期待 (Erwartung)アンサンブルと奈良ゆみによって1996年に録音されました。それ以来、作曲および公演依頼がヨーロッパおよび米国から来るようになりました。彼の音楽は 30カ国以上で演奏され放送されています。

イヴァン・ベロックは、2003年までパリ・エコール・ノルマル音楽院の音楽アカデミーのディレクターでもあり、フルートと室内楽を教えました。近年は作曲に専念しています。

合唱とオーケストラのためのVoyages(航海)、12の楽具のためのHallucination(幻覚)、ソリストとオーケストラとジャズ・ビッグバンドのためのSymphonie Deconcertante、16の楽器のためのL’envol de la locomotive sacree(聖なる機関車の発車)、バイオリンとチェロとピアノのためのla Folia(フォリア)は、彼の最もよく知られた作品のいくつかです。

トランペット、2つのピアノと2つのドラムスのためのDer Gelbe Klang(黄色い音)は、ラジオ・フランスのプレゼンス2000フェスティバルのプログラムでした。ラジオ・フランスはまた、Estrans(ジャン・リュック・メネ指揮アルターナンス・アンサンブル)の作曲を依頼しました。その他の作曲依頼(テアトル・ドゥ・シャトレ、ペルピニャンの「Musique d’Aujourd’hui」フェスティバル、ボンの国際ベートーベン・フェスティバルなど)を契機に、オーケストラ、ビオラ奏者ピエール・アンリシュエレブ、アウリン弦楽四重奏団、カンディンスキー弦楽四重奏団、そしてヘリオス、ポリコルデ、ヴェルテル、オーパス93などの各アンサンブルのために作曲するようになりました。

イヴァン・ベロックは2005年から2006年にかけて、コンセルバトワール・デ・ランブイエのイン・レジデンス作曲家でした。2006年および2007年にはヴァル・ド・ワーズ(Adiam 95、ブゾン市とそのEMM、アルジャントゥイユ市のフェスティバルおよびENMなど)に、2007年~2008年にはアリアム・イル・デフランスに、2007年~2009年にはマイエンヌ県に招かれています。彼はデラトゥール出版のためのコレクション・ディレクターでもあり、いくつかのプロジェクトを先導しています。

多数の音楽家がイヴァン・ベロックの作品を演奏しています。